写真 (42)

高良食堂は沖縄の食堂で間違いない名店です

2016/06/19

沖縄を訪れたら食堂には必ず1回は行きたいと思ってます。

夜はお酒を飲みたいので、どうしてもホテル近くの居酒屋か、ステーキ屋さんになります。(沖縄のステーキ屋さんについては、別の記事でご紹介しますね)

なんで、ランチとして食堂を利用することが多いです。

食堂の楽しさについては、以前の記事でもご紹介していますが、

沖縄の食堂は「衝撃」と「笑い」が満載だ!

お店によって雰囲気や味など、差が大きいんです。

沖縄の食堂は癒されるような居心地が大切ですから、できれば自分にあったお気に入りの食堂を見つけたいものです。
(頻繁に訪れる人はね)

ということで、今回は自分がお気に入りの一軒をご紹介しますね。

高良食堂

お店の名前は「高良食堂」です。

"高い" "良い"食堂って書きますが、お値打ちだから大丈夫です。

この食堂は国際通りから徒歩15分くらいのところにあります。

関連ランキング:沖縄そば | 県庁前駅旭橋駅

ちょっと裏道にありますから、最初はわかりづらいかもしれません。

この日は雨が降っていたので、外観の写真はうっかり撮影し忘れてしまいましたが、お店の前に3台くらいの駐車スペースがありました。

店内に入るとすぐ横に食券機があります。

写真 (45)

こういうお店は観光客には安心ですね。

沖縄の食堂は注文方法が難しいお店がありますので。

さらに高良食堂の良い点は、食券機の近くに「おばあ」が座ってらっしゃることが多いんです。
どれを頼んでいいか悩んでたりすると優しくアドバイスをくれたりして、ほっこりさせてくれます。

高良食堂はたくさんのメニューがありますので、毎回かなり悩んでしまうんですが、今回は定番のAランチにしました。

食券機にはAランチとは書かれていません。
Aランチの値段である700円の食券を購入して、おばあにAランチで伝えるんです。

真ん中あたりのテーブルに座らせていただきました。
写真は紅しょうがです。
沖縄そばに入れるためですかね。

写真 (39)

ビニールのテーブルクロスが沖縄っぽさを良い意味で演出してます(笑)

調味料も、沖縄っぽさ満載です。
写真 (40)

しばらくすると、奥様らしき方がAランチを運んできてくださいました。
写真 (41)

「エビフライ」の尻尾が折れちゃってゴメンねとのこと。

そんなことは、まったくノー問題です。
優しい気遣いがかえって嬉しいですよ。

銀色の大皿に、スペアリブ、とんかつ、エビフライ、目玉焼き、ごはん、サラダがもられています。

さらに、普通に一人前の沖縄そばです。

すごいボリュームでしょ。

これだけじゃないんです、小鉢にマグロのお刺身もついてきます。
写真 (43)

この圧倒的なボリュームとお得感が沖縄食堂の最大の醍醐味です!

高良食堂のAランチの中で一番のお気に入りは、スペアリブです。
写真 (44)

柔らかく調理してあって、かなり美味しいですよ。

こちらの沖縄そばは、麺が独特です。

一般的な沖縄そばの麺が白いと思いますが、こちらのはグレーです。
日本そば的な感じの色です。
なぜこういう色なのかはわかりません。

かなりのボリュームなんで、完食できるか不安になるかもしれませんが、美味しいですからあっという間にたいらげてしまいました。

ごちそうさまでした。

まとめ

先程も書きましたが、沖縄の食堂っていろんな意味で"差"があるんですが、
こちらはおいしい料理が食べられて、居心地のよい、訪れて間違いのない食堂です。

おすすめですよ。

-グルメ, 食堂
-,