写真 (54)

牧志近くの超有名な食堂の魅力は、未熟な自分には分からない

前の記事で自分が沖縄に行くと、できれば訪れたいお気に入りの食堂をご紹介しました。

高良食堂は沖縄の食堂で間違いない名店です

今回の記事は、超有名な食堂です。

おすすめかどうかは、最後にお話しますね!

こんな言い回しだと、なんか想像つくかもしれないですけど。

花笠食堂

写真 (56)

国際通りから、那覇市第一牧志公設市場へいくアーケード商店街(市場中央通り)にありますから、沖縄を訪れたことがある方は、この看板を見たことがあるんじゃないかな。
この市場中央通りって、ものすごく独特の雰囲気で、表現が良くないかもしれないですが、日本的じゃないっていうか、台湾っぽいっていうか・・・
いい味出してる商店街ですね。
(あくまでも個人的意見です。お許し下さい。)

この通りに入ってしばらくすると、左側にさっきの看板が出てくるんですね。

看板の下には、たくさんの料理サンプルが並んでいるショーケースがあります。
写真 (57)

どれを食べるか悩みます。

ここから少し奥に、お店の入口があります。
写真 (55)

午後1時くらいに伺ったんですが、お客さんがいっぱいでした。

5分ほど待って、一番奥のテーブルに案内されました。
写真 (48)

店内は、日本人のお客さんもいますが、ほとんどが外国人ばっかりです。
それも、アジア系の方ばかり。
自分の周りは大声で話す外国人だらけで、目を閉じてみるとほんとにここは日本なのか?って感じです。

豊富なメニュー

さて、何を注文しようとメニューを見てみます。

定番のA,B,Cランチなど、やっぱり沖縄の食堂はメニューが豊富で楽しい!

写真 (47)

そばや、定食もいろいろあります。
写真 (46)

何度も前を通っていますが、今回は初めてですんで、お店の名前がついた「花笠ランチ」を注文しました。

テーブルには、沖縄食堂の定番、「アイスティー」が置かれています。
写真 (49)
飲み放題です。
といってもそんなには飲めませんけど。

店内は沖縄食堂らしく、テーブルだけじゃなくって、たたみのテーブルもあります。

いろんな国の人がいるなーって、しばらく人観察していると、注文した「花笠ランチ」がやってきました。

花笠ランチ
写真 (50)

うーん、自分がお気に入りの「高良食堂」のような、見た目の美味そうな美しさと、ボリュームがないかな・・・

大皿には、ハンバーグ、とんかつ、ミートスパゲティ、赤飯???が乗っています。
ちなみに、花笠ランチを注文するときに、白いご飯か赤飯かを選択できます。

別のお椀には、沖縄そば。具はありません。。
写真 (52)

そして、小さな器に黒い物体????が・・・
写真 (53)
これは、「ぜんざい」なんです。

詳細は別の機会に触れたいと思いますが、ご存知ない方のため、念のため説明します。
本土で「ぜんざい」というと、小豆とお餅の暖かい食べ物ですね。

沖縄にはそんな「ぜんざい」は存在しません。。。
沖縄のぜんざいとは、小豆の乗った「かき氷」なんです!

まあ、こちらのぜんざいは、かき氷ではなく、小豆の中に氷が浮かんですんですけど。

まずは、大皿から食べてみました。

ハンバーグは、魚が入ってるのかな?
肉100%では無いかもしれません。
ちょっと、ぱさっとしてる。

続いて、とんかつ。
普通です。

そして、ミートスパゲティ。
・・・・・・。

赤飯は・・・・・・・・・。

沖縄そばは、想像通りのお味です。

最後に、デザートであるぜんざいを食べてみました。

甘いです。

そして、残しました。

まとめ

決してディスってるわけじゃありません。

でも、素直な感想です。

ただし、自分はこの1回しか訪問したことはありません。

それなのに、ザ・沖縄食堂である「花笠食堂」の何が分かるんだってことです。

まだまだ、本来の魅力があるはずと信じています。

万が一、再訪したら、今度こそ素晴らしい!って記事が書きたいな。

-グルメ, 食堂
-