IMG_1137

渡嘉敷島のシュノーケリングで海がめに出会った!

ここ数年は沖縄旅行での一番のイベントはシュノーケリングです。

いつもは、本部町の備瀬崎がメインスポットなんですが、たまには違う場所へってことで、離島まで行ってきました。

離島といっても、沖縄本島から気軽に行ける、

渡嘉敷島です。

なぜ、渡嘉敷島かというと、

そう、海がめに会うためです。

 

渡嘉敷島への行き方

渡嘉敷島は、沖縄空港からタクシーで10分程度の所にある、那覇の泊港からフェリーで訪れることができます。

ウチナンチューは、”とまりん”って言いますね。

ちなみに渡嘉敷島は、泊港からフェリーで70分、高速船で35分と、そんなに遠くないんです。

今回は、高速船で行ってまいりました。

高速船 とかしきマリンライナー
IMG_1132

意外と大きな船ですね。

渡嘉敷島へ渡るには、泊港からフェリー(フェリーとかしき)か高速船(マリンライナーとかしき)しかないわけですが、少し注意点があります。

まず、本数が少ないです。

フェリーとかしきは、泊港から1日1本しかでていません。

マリンライナーとかしきは、朝夕の2本だけです。

渡嘉敷村の公式ホームページで確認しておきましょう。

また、事前に必ず予約をしておきましょう。

これもネットからできます。

渡嘉敷フェリーポータルサイト
https://tokashiki-ferry.jp/Senpaku/portal

予約しておかないと、乗れないかもしれませんよ。

もう一つだけ、フェリーでの注意点を。

それは、
船酔いに注意
です。

自分は渡嘉敷島は2度目です。

2回ともマリンライナーとかしきに乗りましたが、2回とも船酔いしました。

まあ、海も荒れていたからかもしれませんが、
船酔いに弱い方は注意が必要です。

今回も、船酔いしながら渡嘉敷島に到着です。

 

渡嘉敷島で海がめに出会った!

港には、宿泊施設の方が迎えにきてくれています。

今回は、海がめが目的ですから、渡嘉志久ビーチがシュノーケリングの場所となります。

どちらかというと、阿波連ビーチのほうがメジャーです。

お魚もこちらのほうが多いと思いますので、シュノーケリング初心者の方や、子供と一緒にシュノーケリングするなら、
阿波連ビーチのほうがおすすめです。

渡嘉志久ビーチには、あまり宿泊施設がありません。

でも、ビーチの目の前に「とかしくマリンビレッジ」さんがあります。
最高のロケーションです。

今回は、その「とかしくマリンビレッジ」にお世話になりました。

マイクロバスで港に迎えにきていただきまして、ホテルへ向かいますが、見晴らしの素晴らしい場所で止まってくれました。
IMG_1134

港から10分足らずで「とかしくマリンビレッジ」到着です。

正直なところ、建物自体は古くて、沖縄本島の中部にあるリゾートホテルとは全く違います。

でも何度も言いますが、ビーチが目の前ですし、そして、従業員さんはみなさん優しくて親切ですよ。

さて、9:00に泊港を出発しましたが、渡嘉敷島に到着、シュノーケリングの準備をして10:30にはビーチに到着です。

渡嘉志久ビーチ
IMG_1139

本当の備瀬崎は最近ではかなり有名スポットなので、シュノーケリングする人がいないことがありませんが、
こちらは全く人がいません。

この日は、風が強かったんです。

とかしくマリンビレッジで楽しめるマリンスポーツも中止になっていました。

波がかなり高かったので、少し不安になりながら海へ入りました。

海の中をのぞいてみると・・・

魚が全然いない

軽いショックを受けながら、「海がめが目的だし」と自分に言い聞かせ、海がめちゃんを探しました。

海が荒れていますから、視界も悪かったです。

1時間くらいたったころでしょうか。

突然目の前に、海がめちゃんが!

なんとか動画を撮ることができました。

いやー、よかったよかった。

無事に海がめちゃんに出会うことができました。

海がめを見つけた瞬間、びっくりして、ちょっと溺れかけてしまいました。

 

渡嘉志久ビーチでのシュノーケリングについて

このように、運が良ければ渡嘉志久ビーチは海がめを見ることができます。

でも、シュノーケリング初心者の方には、あまり向いていないと思います。

理由としては、先にも書きましたが、魚があんまりいません。

自分が訪れたタイミングが偶然そうだったのかもしれませんが、沖縄本島でもいろんば場所でシュノーケリングをやっていますが、その中でも一番魚がいませんでしたし、せっかく離島に渡って初めてシュノーケリングをやるとしたら、ちょっと残念だと思います。

また、お子様にも向いていないと思います。

波が強いときは、シュノーケルに水が入ってくるなど、ちょっと難易度が高い場所のような気がしています。
(深いところに行かなければ大丈夫ですが)

 

とかしくマリンビレッジについて

渡嘉志久ビーチの場合、シュノーケリング目的ならば宿泊施設としてはもちろん一番のおすすめとなります。

海に入って、そのまま部屋まで直行できます。

沖縄でシュノーケリングすると、その後のシャワー場所を探すのが大変だったりしますが、そういった心配はこちらなら無用です。

施設はちょっと古いです。

廊下の写真
IMG_1145

従業員さんたちは優しいし、食事も驚くような沖縄料理はでてきませんが、美味しいです。

ちなみに、自分が宿泊したときは、朝晩ともバイキング形式でした。

テラスでのバイキング
IMG_1098

 

まとめ

渡嘉敷島でシュノーケリングをする場合、お子様連れやシュノーケリング初心者の方は、阿波連ビーチに行きましょう。

海がめに会いたいという明確な目的があるならば、渡嘉志久ビーチです。

渡嘉敷島に行くならば、シュノーケリング以外の楽しみはあんまり期待してはダメですよ。

とにかく海が最高なんですから。

-シュノーケリング, ホテル, 渡嘉敷島のホテル